【初心者向け】コインチェック口座開設が5分で完了◎アプリで郵送不要

coincheck_campaign20220930 仮想通貨
初心者
初心者

仮想通貨を始めてみたいけど、どうやればいいか分からない。

まずは日本国内の取引所で口座開設しましょう。今ならコインチェックがオススメです。

スマホのアプリ(Coincheckアプリ)から申し込むと、2つのメリットがあります。

メリット1:2022年9月30日まで実施中のキャンペーンで
1,500円相当のビットコインがもらえる

メリット2:ハガキ(郵便物)のやりとりが不要なので、手続きがカンタン

初心者
初心者

へぇ〜、ビットコインをもらえるならお得かも。

実際お得です。ただし予算を消化した時点でキャンペーンが終了する可能性も。
なので、早めに始めるのが吉です。

初心者
初心者

ところでコインチェックって2018年に仮想通貨の流出事件があったけど、

危険じゃないの?

現在は預かっている仮想通貨の95%をネットから切り離して保管するなど、
資産管理が強化されているので、安心して使えますよ。

またコインチェック社は大手ネット証券マネックスグループの子会社になったので、信用力という点でも安心です。

心配せずに口座開設してOKです。

コインチェックでは2022年9月30日まで口座開設キャンペーン中!
・スマホアプリで口座開設
・72時間以内に1円以上を入金
これだけで1500円分のビットコインが無料でもらえます。9月30日まであとわずか。とりあえず口座だけ作っておいても損はないです。

コインチェック

事前の準備

コインチェックアプリ

iPhoneユーザーはApp Storeで、AndroidユーザーはGoogle Playでコインチェックと入力すればアプリが出てきますので、インストールしておきましょう。

コインチェック

本人確認書類

以下のような身分証明証を使うことができます。
現住所と顔写真を確認できることがポイントです。

  • 免許証
  • パスポート(2020年2月4日以降に発行されたパスポートは不可
  • 個人番号(マイナンバー)カード(マイナンバー通知カードは不可
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書(交付年月日が2012年4月1日以降のものに限る)

アカウント作成

アプリをインストールし、本人確認書類を用意できたら、まずはスマホでコインチェックのアカウントを作成します。

1、Coincheckアプリを立ち上げて、画面下の「会員登録」をタップします。

アカウント作成

2、メールアドレスを入力して「次へ」をタップします。

メールアドレス入力画面

3、次にパスワードを決めて入力し、「登録」をタップします。
パスワードは半角の英字・数字・記号を組み合わせたものにしてください。

パスワード入力画面

4、先ほど登録したメールアドレス宛にメールが送られてきます。そのメールに記載されたリンクを押して、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント作成は完了です。

確認メール送信画面
メールアドレスに届いた登録確認メール画面

本人確認

5、続いて、本人確認を行います。本人確認ではスマホのカメラ(写真と動画の両方)を使います。「本人確認をする」のボタンをタップしてください。本人確認画面スタート

6、口座開設の際には、

  • 居住国が日本
  • 年齢が20歳以上74歳以下

であることが条件となります。この条件に該当していれば、「次へ」をタップします。

口座開設の2つの条件確認画面

7、次に各種重要事項を確認します。問題がなければ「同意する」をタップします。

各種重要事項

8、電話番号を入力し「次へ」をタップします。すると、スマホにSMS(ショートメッセージ)が届くので、そこに表示されている6桁の番号を入力します。

電話番号入力

9、名前、居住情報(住所)、職業などの基本情報を順にすべて入力し、「次へ」をタップします。

氏名、住所、職業などの基本情報入力画面

10、ご自分が用意した本人確認書類をタップして選択してください。ここでは運転免許証を例にして説明します。

本人確認書類選択画面

11、本人確認書類に現住所が記載されているかを確認する画面です。記載されていれば「はい」をタップします。

現住所記載有無の確認画面

12、ここから本人確認書類と顔の撮影(写真と動画)に移ります。本人確認は株式会社Liquidが行います。Liquidのプライバシーポリシー・利用規約を読んだ上で、「同意して次へ進む」ボタンを押します。

株式会社Liquidはさまざまな企業に顔や指紋といった生体認証技術サービスを提供している会社です。コインチェック口座開設時の顔認証もこの会社の技術を使っています。
Liquidのプライバシーポリシー・利用規約画面
13、本人確認書類の種類を選択後、ご注意事項を確認して「次へ進む」をタップします。
Liquidのご本人確認書類選択画面
Liquidご注意事項画面
14、スマホのカメラを使用し、本人確認書類を撮影します。端末からカメラのアクセスを求められた場合は、撮影の許可をしてください。
カメラへのアクセス許可メッセージ1
カメラへのアクセス許可メッセージ2
15、「撮影開始」をタップして本人確認書類(ここでは免許証)を撮影します。このとき、本人確認書類の輪郭を確認するため、撮影時の背景は白色以外にしてください。
本人確認書類正面撮影画面
16、「撮影画像の確認」画面で、撮影した画像が2点の確認項目をクリアしているかをチェックします。問題がなければ、2つのチェックボックスにチェックを入れて「OK」をタップします。
撮影画面の確認チェックボックス
17、次に本人確認書類の厚みを確認するために、表面の斜め上から撮影します。顔写真に指がかからないように片手で持ちながら、「撮影開始」をタップします。
本人確認書類表面の斜め上からの撮影画面
18、「撮影画像の確認」画面で項目をクリアできたら、チェックボックスにチェックを入れて「OK」をタップします。
本人確認書類の厚み撮影画像確認画面
19、続いて本人確認書類の裏面を撮影します。裏面も表面と同じように背景を白以外にします。「撮影開始」をタップしましょう。
本人確認書類裏面撮影画面
20、「撮影画像の確認」画面で項目をクリアできたら、チェックボックスにチェックを入れて「OK」を選択します。
本人確認書類裏面の確認チェック画面
21、次は顔正面の写真撮影です。帽子、マスク、サングラス、カラーコンタクトレンズなど顔を隠すものは外し、明るい場所で撮影します。「撮影開始」をタップします。
顔正面の写真撮影画面
22、画面中央に楕円形の枠が出てくるので、その中に顔を入れてシャッターボタンを押します。
顔正面撮影の楕円形枠
22、「撮影画像の確認」画面で2つの項目をクリアできたら、チェックボックスにチェックを入れて「OK」をタップしてください。
顔正面撮影画像の確認画面
23、最後に顔の首振り動画を撮影します。やり方がわからない場合は、撮影方法の動画を見て確認しましょう。イメージがつかめたら、「撮影開始」をタップします。
顔の動画撮影画面
24、画面中央に表示された楕円形の枠に顔を収めた状態で「開始する」をタップします。枠から顔がはみ出ないようにして、画面の指示通りに首や顔を動かします。
顔動画撮影の楕円形ガイド画面
25、うまく撮影できなかった場合は、「エラー」の表示が画面に出ますので、「再撮影」をタップして撮り直してください。
顔動画のエラー表示画面
26、「撮影完了」の画面が表示されたら、「次へ」をタップしましょう。
撮影完了画面
27、以上の操作で口座開設の申請は終了です。審査完了までしばらく待ちましょう。
登録画面トップ

お疲れさまでした。これでコインチェック口座開設の申し込み手続きは終了です。

審査完了までの時間は申込みの混雑状況によりますが、最短1〜2営業日で審査完了のメールが届きます。

審査が通ればすぐに仮想通貨の取引を始めることができます。

コインチェック

コメント